オンライン施術・遠隔施術・オンライン診療

はまだ整体院のオンライン施術・遠隔施術

一説によれば、新型コロナウィルスの本当の深刻な第2波は.2021年の1月以降かと予測されていました。それに対応するために2020年の3月頃からオンライン施術の構想を準備してきました。
 
来年の1月上旬から、オンラインによる施術の受付を開始する予定でいます。通常営業はしています。
 
外出自体に不安を覚えるような方に向けて、オンラインによる施術の受付も開始する予定でいます。
 
4月の非常事態宣言以降、世の中の治療院や整骨院は来院数は50%減とか70%減とか、3割減など言われることが多かったです。

来院者が6~7割以上減の整骨院が当たり前の時でも、当整体院では自由診療がほとんどでありながらも、お陰様でずっと通常取りを、ほぼ維持させていただいていました。

はまだ鍼灸・整体院では、おかげ様で4月の非常事態宣言時に15パーセント減少しただけで、その後はずっと5月から10月まで維持しています。鹿児島の全国的にも名の売れた売れっ子治療院でも、かなりの下落があったと聞いています。
 
私自身、オンライン施術というと、売り上げに窮した施術院が起死回生の策として~・・。
というイメージが強かったので、最初のうち当院ではオンライン施術の告知をすることに抵抗を感じていました。
 
でも全員ではないのですが、世間の方々は仕事や習い事などでZoom慣れしている方も多くいらっしゃり、思っていたより反響は意外と好意的な感じでした。
 
そんな中で、日々1日単位で進化しづける当院では、ネット環境ですので全国にオンライン施術の受付は対応しています。
 
オンライン施術を行う場合は、LINEやZOOMなどのオンライン会議システムを使って行います。要望があれば、Lineなどの他の通信手段でも対応します。

オンライン施術とはどのように行いますか?

  • コチラからの簡単なアドバイスや指示に沿って、自分字便で施術をしていただきます。
  • 基本的にとても簡単にできるように工夫されていますので、「自分にできるのだろうか?」と難しく考えなくても大丈夫です。
  • 当治療院で直に施術を受けるのに近いぐらいの変化が出せるように、4月の非常事態宣言よりも前の時期から、どこまでも工夫を凝らして簡単に成果が上がるように設計されてきました。
  • とくに呼吸器対策に力をれて開発してきました。
  • すでに施術院でも実証できている手法を、誰でもある程度以上は、オンライン施術の後に、セルフケアとしても再現できるように作られています。
  • 当院の開発、お伝えするセルフケアは気負わずできる、テレビ見ながら・〇〇しながらなど、ながらで出来るものを多くお伝えしており、やればやるほど効果が蓄積する傾向にあります。
  • 筋肉の柔らかさや、体の動かしやすさ・軽くなった感じ・それに伴う快適さ体が温かくなる・などの状態などを. 随時確認しながら行なっていきます。
  • 当院が行うからには普通のオンライン施術とは違い、当治療院で受けているのと同等に近い成果を目指して根本から変われるように行なっています。
  • 気功やヒーリングの類ではありません。

オンライン施術の形態はだいたい下記のように分類できます。

  1. その施術者のレベルなりの「超感覚」で遠隔でも患者の異常を察知し、それに遠隔能力によるバランスの調整、気功・ヒーリングのように何らかの磁力を送る。
  2. オンラインで出来る限りの検査を行い、それに基づいて適切な運動や体操などを処方して変化を見る。オンライン個人指導、スポーツジムのトレーナーが行うオンライントレーニングなど。

はまだ鍼灸整体院で行うオンライン施術は、上記のに当てはまる近い内容です。更に当院の施術をご自身で少しでも再現できるような繊細な工夫がいくつも付け加えられます。

しかし、ありきたりな方法、結果では満足できないのが、はまだ鍼灸整体院です笑)

はまだ鍼灸整体院で行う施術は、見かけによらず本当はとても複雑な内容です。

とても複雑な施術を、極限までどこまでも簡単な方法で、素人でも近い成果が上げられるように、9か月間かけて構築し、準備されてきたオンライン整体技法です。

オンライン施術の後は、自宅でいつでもできる便利なセルフケアとして行うと、ある程度は自分でも成果が出せるようになり、その後のセルフケアとしても、かなり有効です。

ご希望の方はお電話かメール、または直接お申し込みください。

施術費用 初回3000円
     2回目以降2500円

住信SBIネット銀行 ジャパネット銀行 鹿児島銀行 ゆうちょ銀行 PAYPAYによるお振込みを予定しています。銀行振込先は、受付時にお伝えいたします。

ペイペイのQRコード
PayPayのQRコード

初めての方はカルテは、前もって記載いていただいております。ファイル送信しますので、それに記載後に、返信していただきます。

  • ZOOMでの無料会議アプリ(ほとんどのスマホには最初から入っています。
  • Zoom内の「ミーティング用Zoomクライアント」から入るとめんどうなアカウント・パスワード登録、サインインなどの作業も必要なく、すぐに利用できます。
  • パソコンの場合は、コチラ↓からダウンロード、またはZOOMで検索。https://zoom.us/download#client_4meeting
  1. LINE電話からも対応できます。
  2. Lineは、Line電話の通話機能もしくは、下記QRコードから簡単に入れて、すぐに始められます。