鍼灸院・整体院をお探しなら鹿児島の「はまだ鍼灸・整体院」へどうぞ!

はまだ鍼灸・整体院


生理不順について

生理不順について

周期が安定しないことの手技療法的な観点から見た原因

①卵巣機能の低下

②副腎疲労

③脳下垂体機能低下

周期が安定しない人の特徴の一つとして、②副腎疲労があると考えています。
基礎体温が定まらない方などに多いのが、卵巣機能の低下など。。

また、極端に周期が短い・長いなどに脳下垂体の機能低下があるという理屈があります。
(それぞれに対する、個別のアプローチ法があるのですが、長くなるのでここでは割愛します。)


また生理不順ではなくても、基礎体温が一定しないということは、
卵巣の低下をとくに注目します。
自宅で出来る簡単なセルフケア法もあるのですが、以外にもやらない方が多いです。

また、副腎疲労は、アジソンなどの気質的なものではなく、慢性的な精神的なストレスでも、
起こりえます。

やはり不妊というものは、当の女性にとっては精神的にも負担を強いられるものなのです。

せっかく生理周期が整ってきても、強いストレスが加わる状況になると、
また生理周期が伸びてしまうなどという事もありえます。

強いストレスが加わると、内蔵の働きが鈍くなる。
睡眠や呼吸も浅くなって酸素濃度も低下して、副腎疲労が再び頭をもたげてくる

という悪循環に陥らないようにしたいわけです。

そのためには固着、または循環が悪い状態が続くことにより、
硬縮した 内臓全体の働きを活発にして、バランスをとっていくことが大切になってきます。

薬の服用も、薬の作用によって機能は高まります。
しかし自然治癒力、臓器本来の働きは低下し鈍くなってきます。

卵巣と脳下垂体とのやり取りなどによって、保たれているホルモンバランスも、
自力でのホルモンバランスの調整能力が乱されてしまう事もあります。
(不妊治療では薬の服用も大事なのですが・・。)

ホルモンが乱れると、不順が起こるなど、内膜の育ちも悪くなるので着床しにくかったり
することがあります。

周期が安定しないと、その影響で卵巣機能の低下につながります。



更新

<< 前の記事 次の記事 >>

はまだ鍼灸・整体院のご案内

住      所:
〒891-0175
鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘5-3-7
アクセス:
JR指宿枕崎線 宇宿駅、市電 脇田電停 徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
099-265-4677
営業時間:
8時30分~20時30分
定休日:
水曜日

メールでのお問い合わせ


鹿児島 はまだ鍼灸・整体院 ごあいさつ 当鍼灸・整体院のこだわり お客様の声、口コミの一部 小顔・骨盤矯正ビフォーアフター 猫背・姿勢矯正ビフォーアフター よくある質問 施術の流れ 施術メニュー 保健を使った施術 費用について 慰安的な施術でなくても高い口コミ率 不妊の鍼灸・整体 地図・行き方 プロフィール 院内の風景 各症状について 院長日記 サイトマップ お問い合わせ

ページ上部へ