鍼灸院・整体院をお探しなら鹿児島の「はまだ鍼灸・整体院」へどうぞ!

はまだ鍼灸・整体院


手足のほてり(火照り)、熱感②

全身の筋肉・筋膜は、表面的に直接は関係がなさそうな筋肉同士でも、互いに機能的には繋がっていたりします。
 
鹿児島でもCSFPが盛んですが、カイロプラクティックや整体、オステオパシーにも、  筋膜連鎖として、色々な呼び名で体系化されています。
 
 
一例を挙げると、例えば 右のスネの筋肉と、左の肩の周辺の筋肉が、互いに引っ張たり or 引っ張られたりしています。
 
筋肉、筋膜を通じて、互いに影響を与えあっている関係上、例えば右膝周辺の筋肉が正常になれば、その影響の分は一見すると関係が無さそうな左肩も、右ひざの影響の分は、変化改善します。
 
そのような筋肉同士の関係性が、上下、左右、斜め 前後と、近い筋肉同士または、遠い筋肉同士が引っ張り合い、縦横無尽に全身の筋肉が引っ張り合い、がんじがらめになっている状態に皆さん成っています。
 
筋肉A → 筋肉B と矢印の方向へ筋肉の牽引がかかっているとします。
 
すると、「気」というか、生体エネルギーというか、体内の熱とでもいいましょうか、
それらも矢印の方向へ動かされる。
 
という傾向が起きてきます。
 
筋膜・骨膜の歪みが、有る方向へ強く働いていると、体内の熱、いわゆる「気」の流れも、
筋膜のけん引方向へと引っ張られていきます。
その方向性が、背中に集中していれば、「背中だけが熱い」首に集中していれば、「首だけが熱い」頭に向かって集中していれば、「頭がのぼせる」などが発生してしまう事があります。
 
たとえ、更年期にさしかかた頃、全身が冷え性なのに、足だけは冬でも裸足で布団から出して寝ないと寝れない。
という方は、稀にいらっしゃいます。(更年期に限りませんが・・。)
そういう方は、足に向かって筋膜・骨膜のテンションの方向性が過度に集中してしまった結果です。(其れが原因の全てではありません)
 
体内には、人体の熱が収まるべき所、というものがあり、
全身の「膜」のテンションのアンバランスが、「体内(体外)の熱が収まるべき所に収まらず、
本来「熱」が溜まるべきではない部位に過剰に溜まり、
更年期の不自然な熱感(火照り、のぼせ)として、実感してしまいます。
 
筋肉、骨膜だけでは説明しきれない部分もあります。

今度は鍼灸などの理論から、のぼせ や不自然な熱感の原因を探ります。

はまだ鍼灸・整体院のご案内

住      所:
〒891-0175
鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘5-3-7
アクセス:
JR指宿枕崎線 宇宿駅、市電 脇田電停 徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
099-265-4677
営業時間:
8時30分~20時30分
定休日:
水曜日

メールでのお問い合わせ


鹿児島 はまだ鍼灸・整体院 ごあいさつ 当鍼灸・整体院のこだわり お客様の声、口コミの一部 小顔・骨盤矯正ビフォーアフター 猫背・姿勢矯正ビフォーアフター よくある質問 施術の流れ 施術メニュー 保健を使った施術 費用について 慰安的な施術でなくても高い口コミ率 不妊の鍼灸・整体 地図・行き方 プロフィール 院内の風景 各症状について 院長日記 サイトマップ お問い合わせ

ページ上部へ