鍼灸院・整体院をお探しなら鹿児島の「はまだ鍼灸・整体院」へどうぞ!

はまだ鍼灸・整体院


不妊・安産そして妊娠中の骨盤調整~②

産後、座っている時にお尻が傾いているような感じがする。
座り方が、お尻のあたりがしっくりこない。 
骨盤のおさまりが、違和感を感じる。
 
結構いらっしゃいます。
そういう方に、坐骨をソフトなカイロプラクティックや、整体のテクニックで締める。
 
さらに、もっとひどいと、歩くのも坐骨や恥骨の違和感でしんどいという方、
本当に恥骨の痛みが強い方、吸引分娩を行い、恥骨の痛みが治まらず、
歩行が困難な方などさまざまな方が来院されます。
安定期から、妊娠後期まで、お腹(子宮)の位置が出産直前まで、不必要に下がっていない状態。
 
子宮が、なるべく膣と鋭角にならないような状態を保つ。
 
それが、安産の整体の目的です。
 
このようにご説明すると、子宮後屈のケースではどうなのか?  余計後屈してしまうのではないか?
 
と疑問に思われる方もいらっしゃいます。
 
しかし、基本的に同じ目的で行う。
 
子宮が後屈していても、もし骨盤は垂れさがっていれば、そこを調整すると、
子宮も本来の位置へ戻ってくると考えています。
または、内臓・腹膜・胸膜の調整を行います。
 
安定期から、9か月までの方が適応です。
 
どの姿勢でもつらいという方もおられるので、座位だけで終わることもあります。
 
つらい姿勢では行わない。
 
まず、お腹を少しあげてみて、妊婦さんが楽になるか?どうか?
 
それが一つの目安となります。
 
それで楽にもならず、しんどければ、{適応外」のタイプと判断したほうが良いです。
 
抑えるだけでも楽、持ち上げるだけでも楽、というところを探してみる。(無理はしない。)
 
不妊、そして妊娠中と骨盤矯正①でも書いてある通り、
 
妊娠中毒症とつわりは違う。
 
「動脈を圧迫して気持ち悪い」
が共通してあるので、
 
お腹を持ちあげて子宮を高い位置に持ってきて、楽になるかどうか?などを目安とします。
 
切迫早産、前置胎盤などは、基本的に同じことをするが、
おなかを上げてみて、気持ち悪くないか?聞いてみて行う。
 
逆子もそうだが、横向きでも、お腹を調整などして、子宮がいい位置にくると、
赤ちゃんの周囲の空間にゆとりが出来て、
ゴロンと動いてくれやすくなります。
 
逆子の場合は、赤ちゃんの動きによってたすけられる部分もあります。
 
子宮を良い位置に持ってきて、お腹の中のほかの広い空間も確保してみると、
赤ちゃんも動きやすくなるようです。
 
安産か難産か?それは、条件を満たした人が、安産になるようです。
 
それは、子宮を高い位置に保持できて、骨盤や内転筋などが十分な柔軟性があり、
出産の時だけすっと開いてすっと閉じる。
 
これが理想ですね。

鹿児島にも、色々なジャンルで○○専門というところもありますが・。

はまだ鍼灸・整体院のご案内

住      所:
〒891-0175
鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘5-3-7
アクセス:
JR指宿枕崎線 宇宿駅、市電 脇田電停 徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
099-265-4677
営業時間:
8時30分~20時30分
定休日:
水曜日

メールでのお問い合わせ


鹿児島 はまだ鍼灸・整体院 ごあいさつ 当鍼灸・整体院のこだわり お客様の声、口コミの一部 小顔・骨盤矯正ビフォーアフター 猫背・姿勢矯正ビフォーアフター よくある質問 施術の流れ 施術メニュー 保健を使った施術 費用について 慰安的な施術でなくても高い口コミ率 不妊の鍼灸・整体 地図・行き方 プロフィール 院内の風景 各症状について 院長日記 サイトマップ お問い合わせ

ページ上部へ