鍼灸院・整体院をお探しなら鹿児島の「はまだ鍼灸・整体院」へどうぞ!

はまだ鍼灸・整体院


安産・妊娠中の骨盤調整①

骨盤矯正による婦人系へのアプローチ・マタニティ整体としては、
鹿児島のなかでも、かなり古い方だと思います。
 
以前から、全身調整や骨盤調整によって
PMS(月経前症候群)生理痛が軽減した・なくなったという報告は良く頂いていました。
 
子宮や卵巣は骨盤内の靭帯で固定されています。
 
靭帯に一番負担がかからない位置関係に、骨盤の状態が維持できていれば、いわゆる骨盤の影響による子宮や卵巣の働きの低下↓は起きません。
 
女性の子宮や卵巣は、下記の靭帯によって骨盤の中で吊り下げられています。それによって安定しています。
 
 
卵巣提索  固有卵巣索  子宮円索  子宮仙骨靭帯  子宮頚横靭帯
 
卵巣や子宮は、じん帯を通して腸骨や仙骨と繋がっているので、骨盤や仙骨が歪み、じん帯を通して子宮などの位置の異常が生じると、子宮・卵巣などの正常な働きが邪魔されます。
それが生理痛やPMS、生理不順にもつながります。
 
 
また、少し話を広げるだけでも、脊椎の靭帯 腹膜 胸膜 横隔膜 腹部の内臓下垂など、どれも子宮に密接にかかわり合っています。
 
下腹部のポッコリと硬いオナカも、個人差はありますが胸膜・腹膜を正しく調整するだけでかなり引っ込んでしまう事はかなりあります。
 
腰痛への最後の施術でも以前はよく使用していました。
 
また、下肢・足部・足首が整うだけでも、腹部に大きな好影響を与えることができます。
 
身体全身から見ると、まだ一部に過ぎませんが、下肢、足首が腹部に与える影響は、物凄く大きなものがあります。それらを精密に調整するだけでも、生理痛、PMSなどの緩和に相当役に立ちます。
 
当院の整体では、婦人系でも下肢、足首は重要視しています。
 
他所で痛い目にあって鍼灸は怖いというイメージをお持ちな方もおられますが、本当に東洋医学的な鍼灸は、全く痛い事はありませんし、1ミリ以下の鍼でも、体質改善の方法はいくらでもあります。
個人差はあるかもしれませんが、ほぼ全員が、その場での変化を実感出来ます。
 
一見すると、全く関係なさそうな部位への刺激です。
 
おもに圧痛の変化・動きやすくなる・爽快感・軽くなるなどです。
(整体などではなく、1ミリ以下の痛くない刺激のみでもです。)
 
それでも、針は嫌だという方には、決して無理強いはしません。  
 
あくまでもクライアントの目線での施術にこだわります。
 
<strong>骨盤内での子宮と卵巣の位置関係の影響</strong>
 
 
卵巣は子宮よりも高い所に位置する事が理想です。
 
それが、卵巣で出来た卵子を子宮方面へ運ぶ事を助けています。
 
精子は、逆に子宮から卵巣へ向かう坂道を一生懸命に登って行くわけです。
 
また、卵巣は子宮よりも少しは高い所にあることで、月経で剥がれおちた子宮内膜が卵巣の方向へ逆流するのを防ぐ側面もあります。
 
姿勢が悪くなり、背中が丸くなり、横隔膜も下がってくると、卵巣の中の靭帯(卵巣提索 固有卵巣索)などにたるみが出て聞いて、内臓も下垂してきます。
 
その内臓下垂によって子宮や卵巣、卵管が圧迫を受けてしまいます。
 
卵巣が特に下がりすぎると、子宮への下りの傾斜が減ってしまいます。
 
子宮への傾斜が少なくなった卵管は卵巣の分泌液が子宮に向かって流れにくくなり、さらに月経で剥がれおちて膣へ向かうはずの子宮内膜が卵管へと逆流しやすくなってしまいます。
 
そして、子宮内膜が卵管采から腹腔内に誤って落ちてしまう。子宮内膜症の原因になりえます。
 
卵巣からの分泌液の流れが低下すると、精子の運動性も落ちます。
精子は流れに逆らって運動する性質があるからです。
 
運動性の低い精子は卵管膨大部へ辿り着ける量も減り、卵子と出会いにくくなり受精のタイミングがずれる、または受精しにくくなります。
 
これも不妊の一因となりえます。
 
また、受精したとしても卵管膨大部から子宮へと移動するスピードが低下しているため、子宮外妊娠の可能性を高めてしまうと考えられています。
 
 
また、卵巣・卵管が通常よりも下がり過ぎていると卵巣提索 固有卵巣索などの靭帯が引き延ばされ過ぎている状態です。
 
それにも関わらず、排卵時に、じん帯は更に伸長されなければならないので、痛みを感じる。
 
これが骨盤調整の観点からの排卵時痛の原因です。
 
 
<strong>分娩に際しての、子宮の位置の影響</strong>
 
 
子宮を高い位置に保つ
 
矢状面(sajittal plane)の断面で骨盤を見ると(真正面からみて正中で真っ二つに割った場合)膣と子宮の角度が「くの字」になっています。
 
4つ足動物は基本的に、この角度は一直線であるので、比較的楽に出産できるとされています。
 
分娩時の安産の条件は、歪みの観点から言うと、
子宮と膣の角度を少しでも直線に近い状態にすることです。
 
ほかの言葉でいえば、「子宮の位置を、できるだけ高い位置に保つ」 事です。
 
骨盤が開き、子宮の位置が下がると、膣との角度が鋭角になります。
 
妊娠中から、骨盤が広がっていると、子宮が下がり、下腹だけが膨らんでくる様なお腹の形になります。
 
そのような状態は、子宮と膣の角度が鋭角になり、難産の可能性を高めるとされます。
 
ほかの内臓の下垂に負けずに、高い位置をキープする事が安産のための整体の目的のうちの一つです。
安定期以降~9か月の間の期間に行います。
 
また、下腹だけが膨らんだような状態だと、お腹の上の方のスペースを使って子宮を大きくする事がしにくくなってきます。
そうなると、胎児は狭いお腹の中にいなければならないことになります。
胎児は、通常よりも、より狭い中で成長しなければならず、体の硬い子供になる可能性。
 
窮屈な環境の中で過ごすことにより、原始反射が過剰に残存しやすい母体の環境となりえることを危惧しています。
 
また、骨格構造、頭蓋骨の歪み、姿勢や、脳の発達(原始反射の統合)などにも、大きな影響があると考えています。
 
骨盤の歪みは、分娩時の赤ちゃんの頭へ対する過剰な締め付け・圧迫の遠因にもなりうるものです。
安定期の頃から、出産に向けて骨盤調整しておいた方が、楽な出産と、少しでも健全な発育のためにも、とても大切なことだと考えています。
 
 
<strong>子宮の位置と、妊娠中毒症の関連など</strong>
 
ソ径じん帯 大腿静脈 大腿動脈 大腿神経
 
妊娠して、子宮が大きくなる。 → 下がる → そけい靭帯を圧迫してしまう。→
 
大腿静脈が圧迫を受ける
(一番内側にある大腿静脈が、子宮からの圧迫を一番に受けやすい。しかも、一番細くて薄い構造をしている。)
 
→ 末端から心臓へと戻る静脈の流れが悪くなる → 血液が下肢に溜まりやすい→
 
むくみ・尿タンパク・妊娠高血圧(動脈の前に子宮があり、血管が圧迫を受けるため)
 
静脈瘤も女性が多いのは、同じ理屈がファクターの一つにある。 
 
 
妊娠中毒症も、お腹がさがってくることが要因の一つと言われています。
 
子宮がさがると、位置的に前後の幅が広がり、後ろにある腹大動脈を圧迫する。
 
大きい動脈が圧迫されるだけでも、妊婦さんの場合は高血圧になりえます。
妊娠中毒症の症状として、高血圧・ 腎臓への圧迫による尿タンパク・下肢の血流も悪くなるので、足のむくみ がある。
 
赤ちゃんにも、新鮮な血液が行きにくくなります。
 
妊娠中毒症も、お腹の位置が大きく影響する可能性がある。
 
安産のための整体では、
 
腰・股関節・骨盤・坐骨・下肢の調整に重点を置いています。
 
あくまでも、適応となりえる方のみ行っています。
 
体調がデリケートな場合は、また全く別の手法で行います。

はまだ鍼灸・整体院のご案内

住      所:
〒891-0175
鹿児島県鹿児島市桜ヶ丘5-3-7
アクセス:
JR指宿枕崎線 宇宿駅、市電 脇田電停 徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
099-265-4677
営業時間:
8時30分~20時30分
定休日:
水曜日

メールでのお問い合わせ


鹿児島 はまだ鍼灸・整体院 ごあいさつ 当鍼灸・整体院のこだわり お客様の声、口コミの一部 小顔・骨盤矯正ビフォーアフター 猫背・姿勢矯正ビフォーアフター よくある質問 施術の流れ 施術メニュー 保健を使った施術 費用について 慰安的な施術でなくても高い口コミ率 不妊の鍼灸・整体 地図・行き方 プロフィール 院内の風景 各症状について 院長日記 サイトマップ お問い合わせ

ページ上部へ